« ガーというか、ヒュ-というか | トップページ | 師走のリレー »

ふたつの言葉

突如として、フィギュアスケート観戦にはまる。
伊藤みどり時代以来。15年ぶりくらいか。
伊藤みどりのスケートは、観ながらにしてジェットコースターに乗っているようなスリルとドキドキを味わった。
「伊藤みどりのスケートのような」という比喩を当時、よく使った。

今の日本の選手はみんなかわいくてすらりとしていて技術も高いんだなあ。
15~6年前には見たことないような技がいろいろある。

きのうのGPファイナル、フリープログラムは、ああ浅田真央ちゃんはどうなるんだろう、とドキドキして、緊張しすぎたので
ネットで結果を調べてから観た。
ただの、しかも付け焼刃のファンなのにこんなに緊張してどうする。
こんなことじゃあ、もしさわぼうが将来ピアノを習ったりしても、発表会を観にいくなんて到底できそうにない。
まあしかし、浅田真央が優勝したことがわかり、安心しながら観ることができたのでよかった。

「ミラクルマオ」(真央ちゃんの愛称なのか?)と、「スルツカヤ」(ロシアの選手の名前)という言葉が、なんとなく気に入った。
きょうはわけもなくこのふたつの言葉をつぶやいたり、会話のはしばしに差し挟んだので、家人はうるさく感じたことであろう。
ミラクルマオ、ミラクルマオ。
スルツカヤ、スルツカヤ。
と、こう、書いているだけでなんか楽しい。

« ガーというか、ヒュ-というか | トップページ | 師走のリレー »

コメント

私も今日、日記にフィギュアスケートのこと
書こうと思ってました!
浅田真央ちゃん、可愛いですよねえ!!
見ていてあんなにワクワクできる女の子
というのも、少ないのではないでしょうか。

うれしくて書き込んでみました。
もう満足です(笑)

私は冬季オリンピックって結構好きです。

引越し準備等で落ちつかない毎日を過ごしているコジです!
来週の月曜日に引越したらしばらくケコさんのプログも読めなくなるので寂しいなあ。。
浅田真央ちゃんのスケートは残念ながら見れなかったけれど電車の中吊りで結果は私も見ました…
実力はあるのに今度のオリンピックに年齢が足りなくて出れないんだよね.
うちの旦那が珍しく「かわいそうに、、かわいそうに、、」って繰り返し唱えていたよ。
才能の芽生えが低年齢化してきているので
ルールもそれに合わせて変えたほうがいいなあ、、などとがらにも無くまじめに話し合ったりしてました。

>モチコさん

こんばんは!!
浅田真央ちゃんって、フレッシュでふんわかした空気を纏っていますよね。ほんと、ひきこまれるかわいさです。
そうそう、ワクワク。あんまりハラハラしないですね。
年齢的なものなのかなあ。ずっとあのままでいてほしいなあ。

「ピンクが好きなので、これからもたくさんピンクの衣装を着たい」
と言っているのを見たとき、なんか、14~15歳当時の、やはり特別に輝いていた吉川ひなのを思い出しました。

冬季オリンピック、わたしも好きです!
氷上のも雪上のも、ルールがそんなにわからなくても楽しめるので。
フィギュアスケートは、アメリカのミッシェル・クワンも好きです。今年は出るかなあ。。

>コジさん

こんばんは!!
浅田真央ちゃんのノーミスの演技、うちのハードディスクにしっかり録画してあります。ぜひ観てほしい!!こんどうちで遊ぶときにでも上映会しましょう(^^)
こんどの週末にも、全日本選手権がありますよ~

そうそう、オリンピックに出られないの、もったいないですよね。3か月足りないそうです。
水泳では13~14歳くらいの子がオリンピックに出ている気がするのですが。
競技によって年齢制限も違うのね・・と、ひとつ勉強になりました。
当の本人、浅田真央ちゃんはインタビューではあんまり気にしていないようですが、ほんとうはやっぱり悔しいかもしれません。

引っ越し準備おつかれさまです!もうすぐですね~。たいへんですよね。いざとなったら、引っ越し屋さんがなんとかしてくれると思うので、どうか無理はなさらずに!!

この記事へのコメントは終了しました。

« ガーというか、ヒュ-というか | トップページ | 師走のリレー »