« はっけん | トップページ | コロコロそうじ »

兄弟

さわぼうを幼稚園に送ったあと、家事のかたわら、「はなまるマーケット」を観るのが日課。
明日の「はなまるカフェ」のゲストの紹介のところで、黒いスーツ姿の二人組の写真が映し出され、
反射的に「狩人」と判断したのだが、それはF-BLOOD(藤井フミヤ・藤井尚之)だった。
兄弟、というところまでは見抜くことができたのだが。

近所の図書館に「X JAPAN~破滅に向かって~ フィルムコンサート」というカラーのチラシ(TOSHIの写真入り)が貼ってあった。
図書館の一室で上映されるという。
~破滅に向かって~というからには、きっと伝説のライヴなのであろう。
客層が気になる。
家人は「高校生じゃない?」と言うが、
現役の高校生でX JAPANのファンってそんなにはいないんじゃないか。
やっぱり、主婦かな・・・。
図書館といえども、盛り上がるのかな。Xジャンプするのかな。
潜伏取材してみたい。勇気がなくてできないけれど・・・

冬のせいか、目が乾燥する。
コンタクトレンズが目からぽろりと落ちることも。
なので、いつもメガネで運転をしていたのだが、
先日、ドライアイ用の、コンタクトレンズ対応目薬を購入。
これがもう、テキメンに効いて、運転はもちろんのこと、夜までコンタクトレンズを着けていても全然平気になった。
すごい。

目薬を買った当初、まったく不慣れだったので、うまく点眼することができず、アワアワしていた。
そして目薬で顔を濡らしていた。
そんな様子を何度も見ていたさわぼう。
いまでは、わたしが目薬を棚から取り出すたびに、サッと駆け寄ってきて、台所の一角に提げている手拭きタオルの端を持ち上げて、すぐ顔が拭けるように構えていてくれる。
親切。

BGM:斉藤和義「歌うたいのバラッド」

« はっけん | トップページ | コロコロそうじ »

コメント

Xジャンプ!(爆笑)
図書館とX JAPANかぁ。いささかギャップが・・・。
伝説・・・破滅・・・うーん、ドクロマークって感じ?
客層、気になる、気になる。
黒い服を着た、子連れの主婦(昔の高校生)、だったりして。

目薬、さすがですね。
良かったね!
さわぼう、気が利くぅ(^-^)

あの~、前回のコメントの続き、ココで書いていいかしら。。。
皿の湯たんぽ・・・あります!ふと思い出したの。
ドイツ製の分厚いガラスの鍋敷きみたいな形で
真ん中にチビろうそくを入れられるの。
昔々、買おうかどうか迷ってやめたんだったワ。
日本のデパートで見かけたこともあるけど
お高かった・・・。
ケコさんもいくらなんでもそんなモン買わないよね。
お知らせまで!

ケコさんお久しぶりです(^^)
Xに反応して書き込みです!
フィルムコンサート!やっぱりX復活の余波ですかねー?
メディア見たもんがちで復活のニュースを見て胸が躍りましたよ~!!
復活コンサートの一日目が「破壊の夜」で二日目が「創造の夜」っていうのもイカしてるし、ファンの子が泣きじゃくりながら「YOSHIKIが・・・こんなにファンのことを考えてくれてるなんて・・・」というところに打たれました。
私がファンだったら「破壊の夜」に参加するか「創造の夜」に参加するか悩むところです。
図書館でXジャンプも見たいですが、円陣組んでそれぞれ好きなメンバーを叫ぶという例のアレ(昔マネしてました)も見たいですね~!

>サヨ母さん
図書館でフィルムコンサートというのは、リクエストがあったのか、図書館サイドから生まれた企画なのか不明ですが、めずらしくカラーのチラシで、気合を感じました。司書さんに熱狂的なファンがいるのかもしれません。
X JAPANといえば、わたしが中高生のときに活動していたので、客層はやはり、わたしと同年代か少し年上くらいの女性が多いかなと思います。
お母さんがファンだったら、子どもも刷り込まれる可能性大ですね。
そう、服装といえばやはり黒かも。わたしも、もし行くんだったら服装は黒が無難かなと、そこまで考えてました(^^;)

それから、耳より情報をありがとうございます♪
皿の湯たんぽ…ガラス製…ミニろうそくが入れられる…それって、すごくスタイリッシュなのでは!?とくに、ガラス製ってところに心ひかれます。強化ガラス鍋を愛用しているので…
でも高価なんですね~
もう、寒さに負けてがっつりエアコン使ってます(^^;)おかげで、食卓の皿も急速に冷えることはなくなりましたが、電気代がおそろしい今日このごろです。

>まりりんさん
まりりんさん、おひさしぶりです!(^^)
そうそう、このフィルムコンサートは、X復活の余波でもあり、復活ライヴへの助走?序曲?でもあるんでしょうね。
新曲も少し聴きましたが(ネットで、興味本位で…)拍子抜けするほど変わってないというか、衰えてないです。たしかに、ファンは、感涙ものでしょうね。
「破壊の夜」か、「創造の夜」か、うーん、究極の選択ですねえ。でもわたしだったら、「破壊」に行きますね。うん。昔の曲が多そうだし、YOSHIKIのドラムセットのストックも3台あるそうなので、思いきりやってくれることでしょう。
わたしは、中高生のころ、Xジャンプをマネしてました(^^;)円陣組んでそれぞれ好きなメンバーを叫ぶ、っていうのはなんだか昭和の名残を感じるやり方ですなあ。熱いですね。
フィルムコンサート会場には入れなくても、その時間帯を狙って図書館には行ってみようと思います(笑)
TOSHIが、まだXに在籍していたときに「星の舞踏会」というソロ曲を出したときはびっくりしましたです。方向性の違い、という一言ではとうてい収まりきらないものを感じました。
いろいろ、すれ違ったり離れたり、確執があったりしても、こうしてまた集まることができたというのはすごいことだなーと思います。

ケコさん こんばんは!
Xの話題に反応です。
私は 実は その昔 Xファンでしたよ。
ライブも何度か行きました。東京ドームで年越しライブも。
ええ もちろんジャンプもしました(笑

昔は こう 激しく やかましいかんじの音楽が好きだったんです。
今は めっきりそうではなくなってしまいましたが。

この前の復活の記者会見をテレビでやっていたとき
冷めた気持ちで見始めたのですが 観ているうちに なんだか
胸に熱いものがこみあげ 心がおどりました(笑

「図書館」と「X」っていう いちばん離れたところにいるような組み合わせに
興味しんしんです!潜伏取材!ぜひ!

>AYUさん
こんばんは!(^^)
AYUさんはXのファンだったのですね~!
意外ですっ!
でも、Xって、いちど好感をもってしまったら最後、もう、中途半端なファンではいられないってくらい、人をとりこにする魔力のようなものを持ったバンドという感じがします。
往年のXのライヴに行ったというのは貴重な体験ですね。 
復活の記者会見を見て、胸に熱いものがこみ上げたというのもいい話ですね。
なんか、わかります。わかりますよ!
わたしは、高校生~大学生のころ、ひっそりと、イエローモンキーが大好きだったのですが、たまにテレビやラジオでその頃の曲を耳にしたりすると、
どうしようもなくなつかしいのと、ああ、ただ、今は聴いてないってだけで、まだ全然好きなんだな~と思います。

「図書館」と「X」そうですよね、あまりにもかけ離れすぎて逆に近づいてしまった、みたいな組み合わせですよね。
潜伏取材、検討してみます(笑)。

この記事へのコメントは終了しました。

« はっけん | トップページ | コロコロそうじ »