« 2013 | トップページ | パン »

大丈夫

ポリ袋クッキングその後。
からあげと、かぼちゃの煮物がおいしくできた。
からあげは、しっとりしたものが出来上がるが、からあげだった。
出来上がったものをオーブンに数分かけると
正統派のからあげとなった。
家族に好評だった。
揚げ油を使わないので、その分ヘルシーだ。
少ない調味料でも、しっかり味がしみこむのでおどろく。
また、ポリ袋を使った湯煎は、
かぼちゃを柔らかくして切りやすくするのにも使える。
今まで、かぼちゃを蒸し器にかけて柔らかくしていたのだが
鍋のふたが閉まらないので
効率が悪かった。
かぼちゃ料理のときばかりは、
「電子レンジがあればいいのに」と思ったものだ。
しかしこれでもう、電子レンジが欲しいと思うことはないだろうと思った。
そう思った矢先、ヨーグルトメーカーに心ひかれて調べたところ
電子レンジがあれば内部の容器の消毒に便利、ということを知ったので
さっそく電子レンジがないことを惜しく思った。

台所。
長いこと、台所の作業用スペースに、オーブンを置いていた。
そして、余った手前部分で作業をしていた。
先日、掃除をしたときに、
オーブンをテーブルの上に一時的に移動させたところ
広いスペースが現れ、ここも使えたらいいのになあ・・・と思った。
「台所には(作業のための)台がないといけない」というようなことを、
有元葉子さんも仰っていた。
オーブンを置く台を買おう、と調べていたら、
プリンタを置く台でも大丈夫、ということが判明。
それならば、今は使っていないものがうちにある。
さっそく、台を押入れから発掘して、台所に設置した。
広い作業スペースができて、満足した。

そして、ここに昔「藤原家の毎日家ごはん」のブログで見た、
作業中にバットなどを置いておける棚(記事「スライド棚。」)に
相当するものが欲しいと思った。
ニトリによさそうなものがありそうだが、行く機会がないなと思っていたら、
イオンにて、折りたためる棚が見つかった。
250円くらいだった。
二段重ねもできるそうだが、とりあえず一段のみ買ってみた。
使ってみてわかったが、何か置いておける台があるというのはいい。
とても料理がしやすくなる気がする。
頭を整理しながら料理ができる感じがする。
それから、洗った食器類を乾かすのにも使える。
あまりに便利なので、敬意を表して
折りたたむことなく、出したままにしている。
130109_215612_2

やめようやめようと思っているのに、また、別マを買ってしまった。
今月号はシタラマサコさんの「ギャルジャポン」が
全ての連載作品とコラボレーションしている(つまり「ギャルジャポン」がいくつも読める)
ということを知って、買わずにはいられなくなった。
結果、毎日のように読んで笑っている。
買ってよかった。

さゆぼうは元気。
見ているテレビ番組が気に入らない、ということだけで泣ける。
「キキとララ」を「キとラララ」と言う。
バランス悪くないか。
このごろ「だいじょうぶ?」とよく訊かれる。
「だいじょうぶだよ、ゆんちゃんはだいじょうぶ?」と訊き返すと
「ゆんちゃんはだいじょうぶ。」と言う。
時にはさわぼうも混ざって、
互いに大丈夫か確認しあうのが日課になっている。
この間、体調不良で沈んでいたら
たどたどしい口調で
「なかないなかない、だいじょうぶだいじょうぶ!」と
励まされた。

さわぼうも元気。
このあいだ、スタバ風のチョコスコーンを作っておやつに出したら
「ついにお母さんも、こういうものを作るようになったか・・・」と
しみじみとした口調で言っていた。
今まで、ちょっと変わった、微妙な味のものばかり
(しょうゆ味のボーロ、ごぼうクッキー、味のないクレープなど)
作って食べさせていたからな・・・(゚ー゚)
わたしもしみじみした。

« 2013 | トップページ | パン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。