おやつ

スーパーで買い物をするとき、
いつもはさわぼう用のおやつを何か選ぶのだが
今日は、先日買った「米粉のもちもちケーキミックス」で蒸しパンを作ろうと思い
何も買わないことで、自分を追いつめることにした。
何のことは無い、
粉に水と油を混ぜて型に入れて蒸すだけなのだが・・・

午後3時、さわぼうがおやつに蒸しパンを食べた。

さわぼう:「おいしいよ!でも、もちもちというより・・・」
わたし:「ベタベタだね(゚ー゚)」
さわぼう:「うん。でもおいしいよ。あと、がんばり感が出てる」

がんばり感がバレバレだった。
あと、ベタベタだった。(ケーキミックスが悪いのではない)

さわぼうとさゆぼうに
「ときどきお母さんがおやつを作った」という思い出をのこしたい。

おやつといえば、
ロッテの「トッポ」は、袋から出す前に砕いて
皿にあけて食べるのがうちでは定番。
このあいだ、グリコの「極細ポッキー」でそれをやったら
食べている途中でチョコレートが溶け始めたので
これはおすすめはできない。
森永の「小枝」は 小袋に入っているため
短時間で食べきれるので、ありだった。
でも、みみっちい感じがした。

ごぼうクッキー

江島雅歌(えじまみうた)さんの本「超カンタン野菜おやつ」を先日購入。
超カンタンというだけあって、この本にはオーブンを使うおやつがない。
おもにフライパン、鍋、蒸し器で作るか、なにか混ぜたものを冷蔵庫で冷やすか、でできる。
わたしの場合、「かんたん」というキャッチフレーズにはとくに心動かされない。
「超カンタン」だと、心動かされる。
期待どおり、ついにおやつ作りのやる気が出た本であった。

きょうはごぼうのクッキーを作った。ココア入り。
フライパンで作るクッキーである。
ささがきにしたごぼうを炒めて、それ以外の材料をビニール袋に入れて混ぜ、ごぼうを加えてさらに混ぜてこねて、まな板の上で16等分し、かたちをととのえてフライパンで焼く。

Photo_14

写真の2倍の量のクッキーができた。
カントリーマアムの、チョコチップの部分がごぼうになったようなクッキーだった。
わたしにはおいしかった。滋味深い。
家人の感想は、「うん、まあまあ」。
1枚しか食べずに、イカのおやつを食べていた。
もう食べないのかときくと
「だって、さわちゃんに野菜を食べさせるために作ったんでしょう?さわちゃんが食べる分がなくなったら困るでしょう」と言う。
気をつかっているふうに、いいひとぶっているが、つまり口にあわなかったのだな。
くやしい。
しつこいようだが、わたしにはおいしい。
さわぼうも好きだと思うので、明日食べさせてみよう。

BGM:空気公団「白のフワフワ」